記事一覧

開催レポート2019/11/23

11月23日(10:00~12:00)ゲストハウスますきちで、ニンジャ(子供)9人、メンター3人、そしてチャンピオンでCoderDojo瀬戸を開催しました。

開催風景

今回から、新しい試みとして「レゴで作品作り」にチャレンジしてみました。 プログラミングをするニンジャの隣で、レゴブロックをひろげ、華やかな雰囲気で始まりました。

マイクラで作った時計も登場!

発表風景

こうもりが落とすパンを避けるゲーム

発表の最初に何かよくわからないものを作ったといいながら、キャラクターを動かし、 こうもりが落とすパンをよけるというゲームをしっかり作りこんでいました。

キャラクターのジャンプするところが工夫されていて、上には素早くあがり、 下には少しゆっくり落ちるという動きになっています。

乳しぼりゲーム

乳しぼりゲームを作りました。

牛がモウモウいいながら、乳しぼりしますが、 その世界観は個性的です。採れた牛乳はdL単位を使っていて、学校での勉強も活かされています。

ゲーム自体もいいのですが、ゲームが始まるまでのアイデアが 今までのみんなの作品にはないものがありました。

ゲーム前に、農具を持って着替える。そして、家から農場にシーンが変わる。 ゲームの中にストーリーを持たせているところが良かったです。

レゴで作った赤い家

初めてのレゴ作品の発表です。

高床式のきれいな赤い家を作りました。 赤い屋根でおおわれ、人は階段を登って、玄関から入れるようにしています。 短い時間でもここまで作れるものかと感心しました。

レゴで作った青い家

次のレゴ作品は、青い家です。

家の外観だけでなく、家の中も装飾されていて かわいい仕上がりになっていました。

アニメーション

アニメーション作品を作りました。

スーパーで買い物かと思いきやなんと日本列島が出てきて会話します。急な展開にみんなくぎ付けです。 キャラクターと日本列島との会話は、よくある吹き出しではなく、 音声合成でしゃべりながらストーリーが進んでいきます。 ボタンを押したらシーンを切り替えるところが苦労した点だそうです。

棒人間のアクションゲーム

棒人間のアクションゲームを作成しました。

迫ってくる警官風の敵をよけて進んでいきます。 ジャンプの操作は加速度を使ってスムーズな動きをさせているところがいいです。 ゲームクリアの画面ができれば、ほぼ完成ですね。

Hour of Code

Hour of Codeを使って、マインクラフトのキャラクターを使ったプログラミングの勉強を行いました。

小さなプログラミング課題をいくつもこなしましたが、これまでscratchでいろいろ作ってきているので、スムーズに課題はできていました。これまでのプログラミングの成果ですね。

Hour of Code

同じくHour of Codeを使ってプログラミングの勉強を行いました。 プログラミング基礎の復習ができました。

マイクラプログラミング - ComputerCraftEdu

先週に引き続き、マインクラフトによる作品です。

前回は、スイッチや導火線のブロックによるプログラミングでしたが、 今回は ComputerCraftEdu というブロックプログラミングができる Mod を使った作品の発表でした。 地形を作ることを自動化させていて、大きなモノを作る時に役立ちそうです。

寄付

本日いただいた寄付は6251円です。ありがとうございました。 いただいた寄付は会場費に充てさせていただきました。

これまでの収支表はこちらです。

まとめ

レゴ、Hour of Code、マインクラフトといったScratch以外のものをするニンジャ達。 そして、いつものScratchだけど、音声合成のような拡張機能を使ったり、見せ方に工夫するニンジャ達。

立ち止まらずにどんどん新しいことをするニンジャがたくさんいて、いろいろ刺激のあるCoderDojoでした。

ニンジャ達の好奇心やチャレンジ精神は、これからも大切にしていきたいです。

なお、今回からチャンピオン/メンターもネームプレートをつけることになりました。作成したメンターの橋本さんに感謝します。

今後の予定

今後の予定は下記のサイトをご確認ください。

CoderDojo瀬戸(第28回) 子供向けプログラミング道場 2020/01/11 - connpass

CoderDojo瀬戸(第29回) 子供向けプログラミング道場 2020/01/25 - connpass

(文章: Masanobu Nishimoto)